知識のない私にもできた、確実に慰謝料を請求する方法

【本文】

浮気した相手に同じ苦しみを味あわせたい

今はとても辛い時かもしれません。でも、絶対に1年後には振り返って笑ってやりましょう

私はこの気持からスタートしました。しかし浮気という事実だけでは、慰謝料は黙って支払われません。

不貞した相手にいくら否があろうとも、何もせずそのまま別れただけでは「財産分与」や「養育費」の権利があるだけです。もちろん、そんなに簡単に相手の思い通りに離婚する気もありませんでした。

できる限り、相手にも自分と同じ苦しみを味あわせたい。それは当然の気持ちです。精神的にも、肉体的にも自分をここまでの苦痛に追い込んだ憎い相手です。きっちり制裁が与えられるべきと考えていました。

どのような制裁を与えるか

社会的制裁を加える手段として、浮気した夫そして女それぞれの会社に不倫の内容をぶちまける という報復も考えましたが、ここは冷静に。相手のダメージは大きいですが、時には退社に追い込まれる可能性もあります。彼らの収入源をなくしても自分にメリットはありません。やるなら、慰謝料をきっちり取ってからにしましょう。

最もシンプルかつ正当な制裁は、慰謝料という経済的な制裁です。気持ちとしては、3千万円くらい貰いたいところですが、判例的には多くても500万円です。もちろん、相手は持っている財産より多い額を支払うことはできませんが、分割することも、時には財産(給与)の差し押さえも法的に可能です。

慰謝料を請求するための第一歩

夫婦間の協議で相手が不貞を認め、いさぎよく慰謝料を払ってくれれば、それが一番早い解決方法です。しかし、スムーズに進むことは稀なことです。

当事者間の協議でまとまらない場合は、家庭裁判所に離婚調停の申し立てをします。調停委員など第三者を挟み、公正に話しをまとめていきます。

そして、最終的に強制力のある調停調書を作成します。調停調書には、お互いが同意した「慰謝料」「財産分与」「養育費」などに関する条件を明記します。

この手順を踏むことで、浮気や不倫で離婚をした際の慰謝料が法的にも確実に担保されることとなります。

さて、ここまで読んで頂けたら、次の問いに自分を重ねて答えられることでしょう。

では質問します。もし相手が確実に浮気や不倫をしていたとしても、第三者が客観的に判断できる証拠が無く、相手が「口頭で認めただけ」の時、その相手は調停で本当のことを話してくれると思いますか?

自分が少しでも有利になるように取り繕ったりしませんか。言い逃れをする人ではありませんか?

相手が言い逃れなどしない、調停でもきちんと真実を話す誠意のある人物であれば、これから先の文章は読む必要がありません。

一日でも早く家庭裁判所に申し立てを行い、今の苦しい生活を終わりにしてください。新しい生活が始められるように頑張ってください。いやな気持のまま過ごしていても、本当に何も良いことはありません。。

誠意がない、本当のことを言うか心配だ

時には一枚のレシートが、相手を追い込む武器になります。

浮気をしているのに誠意があるも何もないのですが・・。基本的に浮気や不倫をするような人間を信用しても絶対に良いことはありません。

そういう人間を相手にする場合、理屈抜きで必ず用意しなければならないモノがあります。まさに今しか用意することができず、最後まで絶対に必要なモノです。

そうです、不貞をしたという「物的な証拠」です。

小さくても構いません。例えば相手の行動が分かる日時の入ったもの、クレジットカードの明細、携帯電話の明細、もちろんメールのやり取りもとても重要になる証拠です。とにかく、時間が経つほど証拠は抑えにくくなってしまいます。今まさに浮気をしている間に、決定的な証拠を抑えたいのです。

証拠がなぜ重要なのか? それは、離婚調停であっても仮に裁判となった場合でも、第三者が見て明らかに不貞をしている、自分に精神的な苦痛を与えていると客観的に判断させるためです。

小さな証拠であったとしても、「この日は会社の飲み会と言っていたけど?」「この日は本当に出張?」「この支払いは何?」と、いくつも日時の裏付けがある証拠を使って質問すれば、嘘をつき通すのは厳しくなります。嘘で嘘を重ねれば必ずボロが出ます。そして調停員などの心象を悪くしていきます。

言い逃れのできない証拠を用意する

ホテルから出てくる浮気現場の写真を撮る・・。そんなことが自分にできれば何の苦労もありません。しかし、だからと言ってプロ(探偵や興信所)に頼むのも、とても躊躇してしまいます。

無料相談で聞いた弁護士さんが言うには、絶対的な証拠を集めるならば、そういった専門家に依頼することが望ましいとのことでした。ただし、トラブルも多いので慎重に選ぶようにと注意されました。

当時いろいろ迷った挙句、とにかく悩んでいても何も始まらないと決心し、まずはいくつかの探偵事務所に問い合わせをすることにしました。

当時私を裏切った人間は、絶対に本当のことを言わず自分が少しでも有利になるように取り繕うと思ったのです。とにかく誠意のない相手に対し、いかに多くの慰謝料を取るかだけを考えていました。

180度変わった印象

できれば一人で抱え込まないことが一番です。自分の味方がいるだけで、精神的にとても楽になります。

探偵や興信所は何だかあやしそう、ボッタクられそうだ という、漠然とした印象しか持っていませんでした。

ネットで検索をして、無料相談ができるところ数社に電話で相談をしてみたのですが、その後実際にやり取りをしてみると、今までの悪い印象は全く消し飛びました。

基本的にどこも大変親身になってくださり、丁寧に状況を聞いてくれました。(ま、客商売なのでそういうものでしょうけど..)どちらかと言うとカウンセリングに近い形です。

さすがに、同じような案件を数多く扱っているのだなと感じました。やわらかい丁寧な物腰が、心がボロボロだった私を安心させてくれました。

費用に関しては、これまでの事例に照らし合わせた慰謝料の相場と、それに必要な証拠集め、かかる日数や人員などを明確に説明いただきました。

料金は決して安いものではありませんが、きちんと親身になって説明してくれたところが信頼できると思いました。自分の味方となる人がいる、それが精神的な支えとなったことも大きかったです。

お世話になった興信所(探偵事務所)とかかった費用

お支払いした費用は約40万円です。これはとても大きな額です。もちろん証拠集めに関わる内容によって、金額は変わってきます。

慰謝料は最終的に裁判となり300万円以上も認めてもらいましたので、差し引きでもかなりの額が残りました。この時の証拠がなければ全く取れなかったろうと、弁護士に言われました。

実際にお世話になった探偵事務所は「原一探偵事務所」です。(あとで知ったのですが、人探しなどテレビ番組の調査協力は、大体こちらの探偵社のようです)

相談中に言われたのですが、ピンポイントで「何曜日の夜に会社の◯◯さんと浮気するはずだ」と教えてくれれば、それだけで証拠を抑えられることも多いそうです。その場合は本当に数万円の費用で済むと言われました。

原一探偵事務所への無料相談

まずは、とにかくその道のプロに助言をもらうことも、解決への大きな一歩となると思います。問合せは匿名で問題ありません。相談をして、見積もりを取るまでは無料です。

もちろん、最初の問い合わせですぐに依頼を申し込むような流れにはなりませんし、電話を切りにくいなんてこともありませんでした。

離婚をする、慰謝料を請求するに至らないまでも、証拠を相手に突き付けて戻ってきてもらう。そんな選択肢もこの時に考えられるかもしれません。

ただ忘れてはならないのは、浮気などの証拠を押さえるチャンスはまさに今この時だけということです。ぜひ、あせらずに冷静な判断をするようにしてください。そのような相談も、この時にしてみれば良いと思います。

まずは「無料相談」という一歩を踏み出すことをお勧め致します。

※リンク先にもいろいろ事例があり参考になります。お問い合わせの時に、女性の担当者が希望であればその旨を伝えましょう。

原一探偵事務所の会社案内

会社名:
株式会社 原一(原一探偵事務所®)
代表取締役:
大原 一泰
住所:
本社:〒350-0826 埼玉県川越市上寺山2-1
埼玉県公安委員会 探偵業届出証明番号 第43100057号
東京:〒103-0027 東京都中央区日本橋2-1-20 9階
東京都公安委員会 探偵業届出証明番号 第30120053号

資本金:
8,300万円
加盟団体:
内閣総理大臣認可法人 全国調査業協同組合
会員番号NO.3015
Cll 世界探偵社協会 MemberID NO.M654

無料相談URL:
http://www.haraichi.co.jp/lp_mailtell/

原一探偵事務所の全国拠点地図

※近くに営業所がなくても問題なく対応してくれます。