【体験談】浮気をされた裏切りを許さない、親権のために必要なこと

浮気に兆候はすぐに気付くもの

夫の様子がおかしいと感じたのは、半年くらい前のことです。仕事が忙しいと言っては帰りが遅くなり、休日にも会社へ行くことが多くなりました。それまではそんな事は全くなかったので、不自然に感じていました。

主人の様子を見ていると、他にも様子がおかしい事がありました。急に身支度に時間をかけるようになったのです。もともとオシャレには無頓着な人だったので、すごく不自然でした。

そんな主人の姿を見て、すぐに浮気を確信しました。私が子供の世話に忙しくしているのをいい事に、自分はよそで浮気しているなんて許せない話です。家では私は子供としか会話をしていませんでした。

私には一言も話しかける事もないのに、よそでは浮気相手の女に優しく話しかけていると思うと悔しくて仕方がありませんでした。家では会話がなくても、私や子供への愛情を信じたかったのですが、浮気は間違いないと思った時とてもショックでした。

それと同時に、もうこの人と一緒に暮らす事は出来ないと感じました。離婚して子供を引き取りたいと思いました。それで浮気調査を依頼することにしました。

親権を得るためにやること

夫が浮気をしていることに間違いはないと思ってはいても、それは状況証拠にすぎません。もしこの状況で離婚をしたいと言えば、子供の親権も持つ事はできないでしょうし、慰謝料もとる事ができません。

夫への愛情はなくても子供への愛情はたくさんあります。今まで私ひとりで子供達育ててきたのですから、何もしてこなかった夫に親権を渡す事などできません。それで、浮気調査をして、はっきり白黒つけて、親権を自分のものにしたかったのです。

証拠がなければ、離婚訴訟をしたところで勝てる見込みもないからです。浮気調査を依頼すると、すぐに証拠を見つけてくれました。浮気相手の女性とホテルへ入っていく夫の写真を撮る事ができました。

この写真のおかげで、夫は浮気を認めざるをえなくなり、子供達の親権は私が持つことになりました。そして、夫と浮気相手の両方から慰謝料をとる事ができました。

慰謝料は大した金額ではありません。でも、私を裏切り、子供達を裏切った償いはして欲しかったので、少しでも慰謝料という形でお金をむしり取る事ができて良かったと思っています。

夫はもう一度やり直したいと言いましたが、私にその気持ちはありませんでした。なぜなら今回の夫の裏切りがとても悲しい出来事だったからです。今回の浮気を許しても、また帰りが遅くなっただけで浮気を疑うようになると思います。

疑いながら生活するのは、あまりにも辛すぎます。ですから白黒はっきりつけたのですから離婚するのが1番良い方法だと思いました。子供たちを夫に会わせるつもりはありません。夫がいなくても、私一人の力で大きく育てていくつもりです。

夫が後悔するくらい、幸せになろうと思います。子供たちにも不自由のない生活をさせるつもりです。浮気調査をしてもらって良かったです。すっきりしました。

» 浮気をしているのかハッキリさせる白黒付ける